院長ブログ

伊達紋別岳登山

まだ暑さの残る日に、伊達紋別岳登山に行きました。以前登った時は、あまりの暑さに降参して、途中で引き返してしまったのです。今回はその借りを返しに行きます。駐車場に車を停めて、午前6:50に出発です。

他に車は1台も無く ちょっと心配になる私

他に車は1台も無く
ちょっと心配になる私

 

少し前に軽装のトレイル・ランニングの男性が、

1人足早に登って行きました。
登山口入口から少し登ると、

登山ポストがありました。
我々は2組目となります。

最初は緩やかな坂道を進む

最初は緩やかな坂道を進む

 

これはツユクサです。
かわいい。

青い小さなツユクサ

青い小さなツユクサ

 

ピンクのサワヒヨドリです。

きれいなサワヒヨドリ

きれいなサワヒヨドリ

 

これはキオンでしょうか。

初めて見ます。

黄色いキオンの花

黄色いキオンの花

 

松林を進みます。
少しずつ暑くなってきました。

風が無く暑い

風が無く暑い

 

1合目です。

まだまだ先は長い。

若いトレランの男女4人に抜かれる トレランに人気の山らしい

若いトレランの男女4人に抜かれる
トレランに人気の山らしい

 

蝉の抜け殻です。

夏の思い出 下山途中にまだ鳴いていた

夏の思い出
下山途中にまだ鳴いていた

 

この可愛い花は何でしょうか。

名は分らない

名は分らない

 

草分け神社跡です。

昔ここに神社があった

昔ここに神社があった

 

3合目です。
少し進みました。

暑さで汗が流れる

暑さで汗が流れる

 

緩やかな坂ではありますが、
長い道のりを頑張って登ります。

5合目の「一望台」に到着です。

休憩しましょう。

有珠山と昭和新山が見える

有珠山と昭和新山が見える

 

日が射す、暑い山道を歩きます。

水分はしっかりと摂ります。

時々聞こえる鳥の鳴き声

時々聞こえる鳥の鳴き声

 

ガンバレ岩が見えました。

6合目過ぎにある 「ガンバレ岩」

6合目過ぎにある
「ガンバレ岩」

 

エゾヤマアザミがきれいです。

ピンクの立派なアザミ

ピンクの立派なアザミ

 

「いっぷく広場」に出ました。
7合目です。
買ったばかりのリュックを下して大休憩です。

水分と行動食を摂りながら

水分と行動食を摂りながら

 

室蘭方面の眺めです。

噴火湾を望む

噴火湾を望む

 

これから進む稜線の景色です。

遠くに険しい山々

遠くに険しい山々

 

ヒメオドリコソウです。

ピンクのヒメオドリコソウ

ピンクのヒメオドリコソウ

 

この花はミヤマトウキです。

白くきれいなミヤマトウキ

白くきれいなミヤマトウキ

 

来た道を振り返ります。

左端が7合目。

稜線上に登山道が続く

稜線上に登山道が続く

 

これはハナイカリです。

クリーム色のハナイカリ 面白い形です

クリーム色のハナイカリ
面白い形です

 

トレランの4人が走って降りてきました。

速い、速い。
ハイオトギリです。
可愛い。

黄色のハイオトギリ

黄色のハイオトギリ

 

これはエゾオヤマリンドウです。

今年初めて見ました。

きれいですね。

紫のエゾオヤマリンドウ

紫のエゾオヤマリンドウ

 

遠くに駒ヶ岳が見えています。

海の向こうに駒ヶ岳

海の向こうに駒ヶ岳

 

室蘭岳も見えます。

稜線上は風が強い。

まだ日が射しているが 日が陰ると寒い

まだ日が射しているが
日が陰ると寒い

 

伊達の市街がきれいに見えています。

雲が出てきた 下界は良く晴れている

雲が出てきた
下界は良く晴れている

 

「みはらし平」に着きましたが、

休む間もなく出発です。

ちょっと寒い「みはらし平」

ちょっと寒い「みはらし平」

 

ヤマハハコです。

群生していたヤマハハコ

群生していたヤマハハコ

 

前紋別岳715mに到着です。
前回は暑さのため、ここで引き返しました。

数人の登山者が追い抜いて行く

数人の登山者が追い抜いて行く

 

9合目です。
あと少し。

途中のアップ・ダウンが少しきつい

途中のアップ・ダウンが少しきつい

 

そして最後の急登を過ぎると、

紋別岳山頂です。

2時間30分の行程でした。

伊達紋別岳 714.6m

伊達紋別岳 714.6m

 

視界が開けて、洞爺湖がきれいです。

残念、羊蹄山は見えません。

洞爺湖と昭和新山に有珠山

洞爺湖と昭和新山に有珠山

 

室蘭方面です。
大黒島が見えます。
おにぎりを、おいしくいただきゆっくり休憩です。
この時点で、山頂の登山者は他に1人だけでした。

絵鞆半島も見える

絵鞆半島も見える

 
さて帰りましょう。
ネジバナです。

可愛いネジバナ

可愛いネジバナ

 

帰路に入ると、急に登山者が増えました。
「こんにちは」、「お疲れ様」。
御年輩も含め、30人以上とすれ違いました。
コウゾリナです。

黄色のコウゾリナ

黄色のコウゾリナ

 
小学生もいます。
一人のオッチャンは、
7合目で降りて行きました。

ヨツバヒヨドリです。

ピンクのヨツバヒヨドリ

ピンクのヨツバヒヨドリ

 

立派な山容の稀府岳です。

裏から見た逞しい稀府岳

裏から見た逞しい稀府岳

 

「一望台」から昭和新山です。
次から次へと登山者が昇ってきます。

ソロの人が多いですね。

老いも若きも沢山登ってくる人気の山

老いも若きも沢山登ってくる人気の山

 

この花はゲンノショウコでしょうか。

白くて可愛いゲンノショウコ

白くて可愛いゲンノショウコ

 

約1時間50分で下山です。
駐車場は20台以上の車でいっぱいでした。
身支度を解いて、

昼食は近くのラーメン屋「火蔵(かぐら)」へ。
塩ラーメンをおいしくいただきました。

火蔵のおいしい塩ラーメン 次回はホルモンラーメンを食べよう

火蔵のおいしい塩ラーメン
次回はホルモンラーメンを食べよう

 

 

 

 

新着記事

過去の記事一覧

診療時間のご案内

  • 診療科目:内科・循環器科

  • 休診日:日・祝祭日
  • 診療時間
    午前 9:00 ~ 12:00
    午後 14:00 ~ 18:00
  • アクセス
    〒050-0061
    室蘭八丁平2丁目7-25
    駐車場:5台
    Tel:0143-41-6000
    詳しい地図を見る

詳しい地図を見る

道南バス
・港北・柏木線
・養護学校線にて、
『八丁平中央から』
徒歩5分

バス時刻表(外部リンク)